So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あきらめてませんか?その歯並び・・・、治療方法・・・ [医院]

 京都市中京区 ももい矯正歯科クリニック 桃井です。新型インフルエンザの流行なども一頃よりは落ち着いてきた今日この頃ですが、この件をきっかけに医療関係者といたしましては、再度院内の感染予防や管理などを考えさせられた事も事実です。患者様のお口に入るものは以前より細心の注意をはらって滅菌消毒を行って参りましたが、院内の空気というものも、より注意して管理して行く事を考えました。こまめな換気はもちろんのこと、以前より使用しておりました待合室の空気清浄機に加え、診療室にも中型の空気清浄機を設置いたしました。夏頃まではインフルエンザも落ち着くとは思いますが、また、秋・冬には大流行する可能性もあります。その時期に備えて院内の管理を徹底したいと考えておりますので、通院中の患者様もお気づきの点がございましたら、何でもおっしゃっていただきますようよろしくお願いいたします。
 5月に入ってから、ももい矯正歯科クリニックでは矯正治療を希望される成人の方が増えております。その方達が皆さんおっしゃるのは「もう出来ないと思っていた。」、「やめといた方が良いと言われた。」等です。もちろん、重度な歯周病や多数歯欠損など適応でない場合もございますが、多くの成人の方に問題なく矯正治療をお受け頂くことが出来ます。お子様が独立されて時間に余裕が出来た方や、長年ガタガタが気になっていたが最近ひどくなってきた様な気がするという方など状況は様々ですが、初診相談でじっくりカウンセリングさせて頂き、その方にあった治療方法をご提案させて頂くようにしております。また、成人になられてから治療をされると言うこともあり、目立たない治療を希望される方も多いのが現状です。そのようなご希望のある方には、当院では舌側矯正(リンガル矯正)治療をご説明させていただいております。舌側矯正治療は「治療期間が長くなる!」と思い込まれている患者様もいらっしゃるようですが、1回の治療時間をしっかりと確保し、丁寧に治療すれば従来の治療方法とほとんど差はありません。症例によっては舌側矯正(リンガル矯正)の方が早く治療が進む場合もあります。今年もすでに10人以上の患者様が舌側矯正治療(リンガル矯正)を希望され、始めさせていただいております。もちろんその方それぞれによってメリット、デメリットがありますので、十分にご理解いただくまで説明させていただいてから、治療を始めさせていただきます。
 また、今年より中高生の舌側矯正(リンガル矯正)治療も積極的に開始いたしました。京都市内ではまだまだ舌側矯正で治療を受けられているお子様は少ないですが、お子様に矯正治療を受けて欲しいが、ワイヤーが目立つのを嫌がられて治療できない等の悩みをお持ちの保護者様は是非一度、ももい矯正歯科クリニックにご相談ください。
SHARP.JPG