So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ももい矯正歯科クリニックの矯正治療について [医院情報]

京都市中京区 ももい矯正歯科クリニック 桃井です。何度かブログ等でもお話しさせていただいている様に当院での矯正治療にはいくつかの方法があります。
1.歯の表から治療を行う矯正治療(従来から行われている一般的な矯正治療)
2.上の歯は歯の裏側から、下の歯は歯の表側から治療を行う矯正治療(ハーフ・リンガル矯正)
3.上下とも歯の裏側に装置を付けて治療を行う矯正治療(フル・リンガル矯正)
ですが、どのような方法でも治療結果や治療期間に大きな差はございません。当院でも常に新しい装置を検討し、治療結果や治療スピードの改善に役立つような装置であれば、積極的に導入するように心がけています。
その中でも今回は、「歯の表から治療を行う矯正治療(従来から行われている一般的な矯正治療)」に用いるブラケットを新規導入いたしました。通常ブラケットに矯正用ワイヤーを固定するためには、細い結紮線を用いて固定するのですが、今回導入した3M Unitek社の「SmartClip」は結紮線の必要がありません。ブラケット内にあるクリップにワイヤーを押し込むだけで固定されるため、1回の治療時間の短縮と共にワイヤーとブラケットの摩擦係数の低減にも繋がります。ベースがセラミックのため審美性にも優れています。
現在、歯の裏側からの治療に関しても同様のクリップタイプの物を導入し始めています。その内容については後日改めてご報告させていただきたいと思います。
 このように、ももい矯正歯科クリニックでは、常に新しい器具や装置を患者様に安心してご利用いただけるよう日々研鑽を重ねております。装置の事や治療内容で気になる事がございましたら、初診相談にてご説明させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。なお、現在、ご予約が取りにくくなっており患者様にはご迷惑をおかけしております。ご予定をご確認の上お早めにお電話にてご予約いただきますようよろしくお願いいたします。
Typo CSL.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。