So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ESLO(ヨーロッパ舌側矯正歯科学会)2018に参加してきました。 [医院]

2018年6月28日〜7月1日までポルトガルにて開催されました ESLO(European Sogiety Of Lingual Orthodontics)に参加して参りました。
ESLOは当院でも多くの患者様に行わせていただいている「リンガル矯正・舌側矯正(見えない矯正治療)」に関するヨーロッパ全体の学会となります。
リンガル矯正(舌側矯正)治療は、世界的にもスタンダードな治療方法となっておりますので、ヨーロッパの学会などは世界各国からたくさんの矯正歯科医が参加します。
前回は2014年 イタリア コモ湖にて開催された学会でActive Membershipを申請し合格したので、今回はもう一つ上のTitular Membershipの申請を行うために、ご協力いただいた患者様5名の治療経過の資料と術前・術後・保定時の模型15個を持って参加いたしました。
今回も、医局時代の仲間達と参加でしたが、海外の学会に参加する意義として、私は次のように考えております。
①海外の学会に仲間と参加するために、皆で準備する。
 →仲間と達成感や苦労を共有できる喜び。
②海外の学会で何か資格を得られないか??
 →自分の中での自信
③海外のDrによる講演や症例を見ることによって、仕事に対するモチベーションを上げることが出来る。
 →自分の診療所、スタッフへのスキルアップにも繋がる。
医院をお休みにして、患者様にも迷惑を掛けての参加ですから、単に海外旅行としてしまっては申し訳無いです。きちっと準備して学会に参加しなければと思い、診療の合間に提出用のファイルを作ったり、診療後に一緒に参加する先生達と打ち合わせをしたり・・・。日々の診療の中でもとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
IMG_0674 2.JPG
そして、結果は無事に合格できました。
36480451_1631668280263832_7949005126453166080_n 2.jpg
ご協力いただいた患者様、留守番をしてくれたスタッフ、そして一緒に参加してくれた仲間達に感謝し、この学会で経験したことを日々の診療に生かせるように努力いたします!
リンガル矯正(舌側矯正)治療をご検討の方は、一度ご相談下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。