So-net無料ブログ作成

開業4周年! [医院]

 京都市中京区 ももい矯正歯科クリニック 桃井です。今日でももい矯正歯科クリニックは開業4年目を迎えました。開業当初から支えてくださった患者様や患者様をご紹介いただいた近隣の歯科医院の先生方に心から御礼申し上げます。
 ももい矯正歯科クリニックは2007年5月に開業した当初より、患者様一人一人に十分な治療時間を設けて治療する事、常に安全で確実な治療を行う事、家族・身内が安心して治療できるような清潔な環境を整える事などを常に意識し、心がけてきました。この4年間で、歯科用CT装置「AUGE」の導入を筆頭に、切削器具の滅菌器「DAC」の導入など常に最新・最善の設備で患者様をお迎えできるよう努力して参りました。これからも、初心を忘れず、謙虚な気持ちで患者様に対応していきたいと思います。
 最近では、ご予約が取りにくく、新患のご相談などは3週間〜1ヶ月先になってしまい、ご迷惑をおかけする事もありますが、今までの患者様にもこれからの患者様にも平等にきちんとした治療時間、ご説明・ご相談の時間を設けるためですのでどうかご理解いただきますようお願い申し上げます。
 特に舌側矯正(見えない矯正・リンガル矯正)治療は、通常の矯正治療よりも治療時間がかかる事もございますので、御通院頂いている患者様には、お時間に余裕をもってご予約いただきますようお願い申し上げます。
2011052119310000.jpg

入学・就職シーズンに向けて。 [医院]

京都市中京区 ももい矯正歯科クリニック 桃井です。早いものでもう3月です。この時期は、卒業シーズンで何となく人の出入りが多くなる次期ですね。京都は大学が多く、患者様の中にも他府県からお越しになった学生さんが多数おられます。卒業となるとご実家に戻られたりして、通院が大変になる事もあります。もちろん、近隣の場合は月に一度御来院頂くのですが、遠方の場合は「日本矯正歯科学会」の認定医名簿よりお近くの先生とご相談させていただき、継続治療をお願いする事があります。ただ、矯正治療は自費診療ですので、転院となると余分な出費が増える事となります。
 そのような余分な負担を避けるためにも、春から京都の大学や会社に入学・就職される方は、矯正治療をお考えの場合は早めに検討される事をお薦めいたします。矯正治療はワイヤーを使用した動的治療だけでも1年半〜2年半はかかります。時間、期間に余裕を持って治療を受けられる事は、ご自身の咬み合わせ、歯並びにとっても非常に大切な事です。
 ももい矯正歯科クリニックでは、慣れない環境でも自信を持って矯正治療を受けていただけるよう「見えない矯正」=「舌側(リンガル)矯正」治療をご希望の患者様にはご提案させていただいております。当院のスタッフにも施術しておりますので、御来院の際にはちらっと覗いてみてください。矯正装置を付けている事は言われなければまず分からない状態です。
 今年に入って、とてもたくさんのお子様の歯並び相談をお受けしています。中でも「受け口」=「反対咬合」の患者様が非常に多いように感じます。いつもお話しする事ですが、反対咬合は可能な限り早期に治療する事が将来的に安定した予後に繋がります。治療期間は長くなりますが、お子様の健全な発育のため、ご心配な保護者様は一度ご相談ください。

あけましておめでとうございます。 [医院情報]

京都市中京区 ももい矯正歯科クリニック 桃井です。明けましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
ブログの更新もしばらくぶりですが、昨年後半から年末にかけては非常にドタバタと忙しく、日々の診療をこなす事で精一杯でした。昨年一年間は、今までに比べて非常にお子様の患者様が多く新患として来院いただき、ももい矯正歯科クリニックの中がとても賑やかになったように感じます。お子様が多くなったという事は、この御所南の地域や学校での医院の認知度も徐々に上がってきた事の裏返しと感じ、ももい矯正歯科クリニックの成長を感じた一年でもありました。また、患者様からのご紹介やお世話になっている近隣の歯科医院様からのご紹介である事が増えてきた事もとても嬉しく、同時に感謝の気持ちでいっぱいになります。当院は、本当に素敵な患者様と周りの先生方、医院のスタッフに支えられて少しずつ成長しております。
昨年は、ももい矯正歯科クリニックにとっても大きな変革の時期でありました。院内の設備の見直しを、開院3年目を節目に行う事とし、患者様が不自由なくお待ちいただくために待合室のソファを作り付けたり、より安全で確実な診断・診療を行うために歯科用CTを導入したりしました。開院3年目での歯科用CTという大きな投資は非常に厳しいものがありましたが、常に最新の設備で診療を行う事を目標としている私としてはどうしても備えておきたい設備の一つでした。2010年10月導入後、たくさんの患者様の状態把握のために撮影を行っておりますが、すでに数人「今までのレントゲン写真では判断できなかったけど、CT撮影してよかった!」という現実に直面しました。患者様に今まで以上に安全に治療を行う事ができるというそれだけでも、頑張って設備投資した意味があるというものです。
昨今の矯正歯科治療はインターネット等の発展で色々な情報を得れる状態にあります。ただ、インターネットや宣伝広告で得る事が出来る情報はあくまで発信者側の都合の良い事がほとんどです(良い事悪い事含めて)。患者様に合った本当に「いい矯正歯科選び」は、患者様がご自分で医院に出向き、患者ご自身の目でその医院・矯正歯科医とご確認いただくことが大事と思っております。ももい矯正歯科クリニックでは、患者様の医院選びの一助になればと初診相談にもきちんと時間を設けて様々なお話しをさせていただけるよう心がけておりますので、いつでもご相談ください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。